炒飯

ゲーム

 

 Crypt of the NecroDancerをプレイ。

 

自分が思うに風来のシレンの最大の敵は「確率」で、罠を踏む確率を無くすために何もないところで素振りしたり、攻撃が外れることを考えて確実に効果の出る杖を振ったり巻物を読んだり、確実に倒せる弱い敵が出る頃にアイテムを識別して不確定なアイテムを確定していったり……そういうことを地道に積み重ね、止まった時の中でじっくり考えて、少しでも運否天賦な状況に追い込まれないように立ち回ることを楽しむゲームだと思うんだ

それに対して、このゲームの最大の敵が「リズム」という時間制限になっているところが面白い。それぞれの敵に無傷で倒す方法が用意されてるんだけど、リズムという時間制限がそれを邪魔してくる。シレンなどで当たり前だった「考える余裕」が全然ない。ただその分、シレンと比べてアイテムは単純で、攻撃をミスするような不確定要素もほとんど排除されてる。このおかげで大概のミスはプレイヤー自身の能力や精神に起因することになるので、逆に言えばプレイヤーの慣れがそのままクリアに直結する。それを踏まえてか、きちんと敵ごとに練習用マップが用意されてるのも手が行き届いている印象。

 

時間制限によるミスが重なるとあっさり死ぬんだけど、持ち込みアイテムなし、1プレイ10分弱という手軽さのおかげで失うものがほとんどないのも敷居を低くしていて素晴らしい。場合によっては死んだ時に何十時間の成果が水泡に帰すシレンとは真逆のベクトル。一回こっきりの真剣勝負が多い印象のローグライクでこういう型破りなことをやったのがすごいと思うね、まあ自分の経験が薄いからそう見えるだけかもしれないけど。

カスタムミュージック機能のおかげで自分の好きな音楽でリズムに合わせてプレイできたり、ダンジョン内の宝石を集めることで新しいアイテムが解禁されたり、リプレイ性も十分にあるので何度死んでも新鮮に楽しめるのも良いところだと思う

リズムゲーは苦手なので正直買うかどうか迷ってたタイトルだったけど、セールに合わせて買ってよかったと思うゲーム。